カードローンの利用目的は自由でおまとめローンにも

カードローンの利用目的は自由でおまとめローンにも

自由に便利に使えるカードローン

カードローンの良いところは手軽に気軽にお金が借りられる点にあり、用途に縛られないので何かと役立つサービスとなっています。生活費としてのお金の借り入れはもちろんですが、他社からの借り換えといった使い方も出来ます。

 

 

カードローンは利用先によって金利も異なるので、高いところで借りている場合には低金利のところへ乗り換える、つまり借り換えを行うことによって、今後の返済が楽になる可能性があります。

 

特に消費者金融で借りている場合には銀行カードローンに借り換えると返済が楽になる、金利が大幅に低下する可能性が高いので、利息の支払い金額の減少、毎月の支払い金額の縮小も可能となります。

 

また、複数の消費者金融から借りている場合にはおまとめローンによる一本化も有効です。複数の借り入れを低金利の銀行カードローンにまとめられれば返済が格段に楽になり、カードローンの用途は自由となっているのでおまとめローンにももちろん使えます。

 

おまとめローンは返済をスムーズに進め、完済をしやすくするものとなりますので、正しく使うためにもおまとめローンの使い方で詳しい情報を仕入れておきましょう。

 

カードローン審査と利用目的

カードローンは申込んだら誰でも利用ができるというわけではありません。その人に融資しても大丈夫かどうか、必ず審査があります。審査に通らなければ融資を受けられないので、審査の間は最も緊張する時間となります。

 

審査で少しでも有利になるように、年収を大目に記入したり、現在の他社の借入れ状況をごまかしたりする人はいますが、大抵ばれてしまいます。名前や生年月日は当たり前ですが、ほとんどの項目はごまかしが利かないのが、カードローンの審査です。

 

ただし、1つだけチェックの甘く、かつどう書いたらいいのか悩む項目があります。それは利用目的です。本当のことを書いた方がいいのか、細かく書いた方がいいのか、審査に通りやすい理由があるのか、利用目的については不明と感じる点が一番多いでしょう。

 

利用目的って何を書けばいい?

実際にカードローンを利用する目的としては、生活費が足りない、レジャーに使いたい、欲しいものがある、冠婚葬祭、が上位です。生活費が足りないなんて審査に悪い影響を与えないかな、レジャーや欲しいもの目的だと貸してくれないんじゃないかな、と考えるかもしれませんが、これらの理由は特に審査に悪影響ではないので、気にする必要はありません。

 

むしろレジャー目的は、審査に有利とさえ言えます。レジャーや欲しいものがあるという理由でカードローンを使うのは、日常の生活自体には余裕があるといえます。生活費の補てんに関しても、一時的なものであれば問題にはなりません。冠婚葬祭など急な出費に対しての理由であっても、同じく問題にはなりません。

 

これらの理由に関しては、正直に申告しても審査に不利になるとはいえません。

 

審査に影響を与える利用目的もある

利用目的に関しては、その大半は正直に言っても問題ありません。ただし、審査に影響を与える利用目的もあるので、これは知っておいた方がよいでしょう。

 

よろしくない利用目的として、ギャンブル目的があります。逆の立場で考えれば、ギャンブル目的でお金を貸したとして、きちんと返してくれると安心して貸せるでしょうか。ギャンブル目的は、最も申告してはいけない利用目的です。

 

他社の返済分などの補てんも、審査には良くない理由となります。他社の返済が間に合っていない人にお金を貸して、すでに返済状況が芳しくないと判断されてしまいます。他社の返済関連で困っているのであれば、おまとめローンや借り換えとして申込みをしましょう。

 

最後に、意外な理由として引越し費用があります。一見冠婚葬祭同様の急な出費に見えますが、審査に影響を与える違いが1つあります。それは、現住所の保証がないという点です。引越しとなると住所が変わるので、いざという時に居場所が特定できなくなる可能性があります。引越費用の補てんが目的の場合には、質問には誠実に答えるよう意識するとよいでしょう。

 

分からない場合の手続きの進め方

もし申し込みや契約における目的や進め方が分からない場合には、店舗に直接足を運ぶのも良いでしょう。銀行の場合には最近ではネット上に限られるサービスが増えてきましたが、消費者金融の大手サービスであれば各地に店舗の設置もあります。

 

特にTVCMでも見かけるプロミスではプロミス名古屋市の店舗を見ても分かるように有人の店舗が設置されているので、分からないことが気軽に聞けるようになっているのです。